リニアモーターカーのホームページ 山梨発 未来行き

ホーム

リニアモーターカーの仕組み

リニアモーターカーの歴史

山梨県立リニア見学センターにて

模擬車両の様子

1階 売店 事務室など

2階 資料・展示室

3階 展望室

展望広場

電力変換変電所

車両基地(実験線終点)

実験線起点の周辺地

リニアの周りの風景

地上部を見てきました。

見学センターまでの道のり

大月インターチェンジより

都留インターチェンジより

管理人室

リンク

東京から大阪までを、約1時間で結ぶ、リニア中央新幹線。
1997年から、山梨リニア実験線の走行実験が開始されました。現在では、山梨リニア実験線起点から、先行区間始点、先行区間終点、山梨リニア実験線終点まで、完成しています。

最高時速580Km/h以上の、夢の、高速列車のリニアエクスプレスです。地上で運用される乗り物では、最高峰の速度を誇ります。ジャンボジェット機の離陸速度が時速300キロ前後ですので相当な速さです。

日本には、現在、山梨県のリニア実験線しか、リニアモーターカー関係の施設などを見学する場所がありませんので、普段は、見られないものが多いので、写真をできるだけ、沢山撮ってきました。(管理人は、試乗会の抽選に何回もはずれています。現在は、試乗会の予定はありません。再開したら、また応募します!)

山梨リニア実験線に何度か訪問して、リニアモーターカーは、電車というよりも、飛行機に近い乗り物だという事に改めて、気付きました。

実用化に関しては、様々な課題や、問題点が指摘されているリニアモーターカーですが、飛行機だって、新幹線だって、最初、多くの人が、実用化できないと思っていたものが、今日では、当たり前のように利用されています。

リニアモーターカーには、たしかに多くの課題が残されていると思います。しかし、あそこがダメ、ここがダメではなくて、夢の少ないこの時代に、大きな夢を見ましょう。



       


     インターネット上で、リニアモーターカーの動画を見つけました。速すぎて、びっくりです。


 

この写真は、リニアモーターーカー見学センターの2階展示室のビデオのなかの、リニアモーターカーの速度表示計です。なんていう速さでしょう。地上10cmで体験できる速度では、一番速いものだと思います。


当サイトは、リニアモーターカーのホームページですが、原理や、仕組みなどについては、管理人は専門家ではないので、詳しくありません。ただ、リニアモーターカーが好きな管理人が見た、リニア見学施設の内容が主です。
リニアモーターカーは、鉄道が始まって以来の大きな変革だと思います。実用化は遅れているのですが、研究に関しては、世界一だと思います。



大月インターチェンジよりと、都留インターチェンジよりの道のりページに、地図を追加しました。


リニアモーターカーの携帯ホームページを作りました。→こちらです。

<< リニアモーターカー関連ニュース >>

中間駅について
JR東海の松本正之社長は、2025年に首都圏から中京圏で開業を目指すリニア中央新幹線の沿線にある、神奈川県、山梨県、長野県、岐阜県の4県に中間駅を1県1駅ずつ設置する考えを示しました。JR東海の基本方針が始めて公の場でしめされました。近く中間駅についての具体的な協議に入りそうです。
これを受けて、山梨県知事の横内正明氏は、「今回の発言は、あくまでもJR東海の希望。考え方をよく聞き、山梨県内の市町村や山梨県議会と協議して対応を決めたい。」と話していた。リニアモーターカーの建設費の地元負担については、「引き続き、JR東海の負担を求める。」方針です。

ルート別の工事費試算について
JR東海が、山梨県から、長野県へのルート別の試算を発表しました。
南アルプスルート:山梨県甲府より、長野県飯田、岐阜県中津川
伊那谷ルート:山梨県甲府より、長野県茅野、長野県伊那、長野県飯田、岐阜県中津川
木曽谷ルート:山梨県甲府より、長野県茅野、長野県木曽、岐阜県中津川
表にまとめました。
 
ルート名 路線の長さ 東京ー名古屋間の予想される所要時間 工事費
南アルプスルート 286km 40分 5兆1000億円
伊那谷ルート 346km 47分 5兆7400億円
木曽谷ルート 334km 46分 5兆6300億円

JR東海では、直線ルート(南アルプスルート)を想定して、工事費を全額負担すると既に表明しているので、迂回ルート(伊那谷ルートや、木曽谷ルート)を実現する場合は、工事費の差額の負担をどうするかが、課題です。
なお、直線ルートよりも、迂回ルートのほうが、土地の買収費用などがかかり、工事費が高くなると予想されています。
現在、山梨県甲州市と大月市の境の笹子峠付近で、トンネル工事が進んでいます。そのため、笹子峠付近の国道20号線は、ダンプカーなどの大型工事車両の通行量が多くなっています。

中間駅の基本構造について
JR東海では、2009年当初より、沿線各県の担当者と事務レベルでの調整会議を順次開催しています。この会議の中で、JR東海は、中間駅の全長は、約1kmになることや、上下線のホームを2面設置し、通貨車両のために、線路は4本引き込むことなどを示しました。山梨県内の中間駅候補の甲府、東山梨地域、山梨県南部地域、富士吉田地域などの、候補地が協議会を設置するなど、活発な誘致活動が始まっています。また山梨県から西側、特に長野県ルートについては、調整が続いています。

南アルプスルートについては、輸送需要も伊那谷ルートに比較し優位
輸送需要は、輸送人数と、移動距離を掛けて求められます。甲府市から、南アルプス連峰を直線で貫通し、名古屋方面に向かう南アルプスルートが年間167億人キロで、最も多く、長野県が要望する伊那谷ルートを9%上回りました。試算については、リニアモーターカーの開業予定の2025年を想定されています。

東京-大阪の所要時間 最短67分 JR東海試算
全線開通2045年に想定した所要時間と工事費が発表されました。品川駅と新大阪駅間を、名古屋駅経由で試算したものです。東海道新幹線の場合は、品川駅-新大阪駅間は、138分ですので、約半分の時間です。なお1県1駅としているリニア新幹線の設置場所については、三重県では、鈴鹿市、亀山市を含む範囲、奈良県では、奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市とその周辺を含む範囲と仮定しています。

リニア新幹線ルート 路線の長さ(単位 キロ) 所要時間(単位 分) 工事費(単位 円)
南アルプスルート(山梨県) 438 67 8兆4400億
木曽谷ルート(長野県) 486 73 8兆9800億
伊那谷ルート(長野県) 498 74 9兆900億


JR東海、国に最終報告書を提出
12月24日にJR東海と鉄道建設・運輸施設整備支援機構は、前原国土交通相に最終報告書を提出しました。
長野県の迂回ルートの調整がつかずに、ルートは絞りきれませんでした。
今のところ、どのルートになるかわかりませんが、松本社長は「すべてのデータが直線ルートの優位性を示している」と話しています。ルートの選定作業は、2010年、年頭より交通政策審議会が行う予定です。

リニア中央新幹線 3ルートの所要時間および費用

路線の長さ 所要時間 費用(建設費・駅工事費・リニア車両費)
南アルプスルート 東京-大阪 438キロ 67分 9兆300億円
東京-名古屋 286キロ 40分 5兆4300億円
木曽谷ルート 東京-大阪 486キロ 73分 9兆5700億円
東京-名古屋 334キロ 46分 5兆9600億円
伊那谷ルート 東京-大阪 498キロ 74分 9兆6800億円
東京-名古屋 346キロ 47分 6兆700億円


平成26年3月19日にJR東海より、リニアの体験乗車(試乗)についての発表がありましたが、詳細はまだ分からない状態です。

平成26年4月12日 キャロライン・ケネディ駐日米大使と安倍首相が山梨リニア実験センターにて、視察・試乗を行いました。意外に鉄道運輸の割合が多いアメリカ合衆国に、日本の最新技術が輸出できるといいですね。

(リニアモーターカーに関するニュース等は、今後も続けて、掲載予定です。)

ご注意
当サイトのリニアモーターカー関連ニュースは、管理人がテレビ、ラジオ、新聞などの報道より、個人的に集めています。よってニュースの内容、数値などの正確性すべてを保証するものではありません。また、「こちらが良い」、「こちらが悪い」といった主観的な内容も、可能な限り排除しています。リニアモーターカーに関する正確な情報は、関係諸機関の正式な発表を参照にしてください。
また、当サイトは個人運営サイトですので、関連ニュースにおいて如何なる損害等が生じた場合でも、一切の責任を負いません。よってニュースにおいては日付を付けておりません。何卒ご容赦下さい。尚、著作権に関しては、主張していません。

リニアモーターカーのホームページ 山梨発 未来行き

関連情報 着物買取