リニアモーターカーの歴史

ホーム

リニアモーターカーの仕組み

リニアモーターカーの歴史

山梨県立リニア見学センターにて

模擬車両の様子

1階 売店 事務室など

2階 資料・展示室

3階 展望室

展望広場

電力変換変電所

車両基地(実験線終点)

実験線起点の周辺地

リニアの周りの風景

地上部を見てきました。

見学センターまでの道のり

大月インターチェンジより

都留インターチェンジより

管理人室

リンク

超伝導リニアモーターカーの歴史

1962年
昭和37年
リニアモーターカーの研究が開始されました。

1972年
昭和47年
初めて人を乗せて、10cm浮上に成功しました。
車両 ML100系

1977年
昭和52年
宮崎県の宮崎リニア実験線で、逆T型のガイドを利用したリニアモーターカーの走行実験が開始されました。
車両 ML500系

1979年
昭和54年
世界最高記録 517km/hを達成しました。
車両 ML500系

1982年
昭和57年
有人走行実験が開始されました。
車両 MLU001系

1987年
昭和62年
有人走行の世界最高記録 400.8km/hを記録しました。
車両 MLU001系
浮上走行実験開始
車両 MLU002系

1989年
平成元年
山梨県内にリニア実験線の建設が決定しました。

1990年
平成2年
山梨リニア実験線の走行ルートが決定しました。
11月には、工事が始まりました。

1991年
平成3年
山梨リニア実験線の九鬼トンネルの起工式が行われました。

1993年
平成5年
宮崎リニア実験線で、MLU002N系の走行実験が始まりました。

1994年
平成6年
宮崎リニア実験線で実用車両としての、世界最高記録 431km/hを記録しました。
車両 MLU002N系

1995年
平成7年
宮崎リニア実験線で有人走行の、世界最高記録 411km/hを記録しました。
車両 MLU002N

1997年
平成9年
山梨リニア実験線で無人走行の、世界最高記録 550km/hを記録しました。
車両 MLX01系
山梨リニア実験線で有人走行の、世界最高記録 531km/hを記録しました。
車両 MLX01系

1998年
平成10年
複数車両による実験が開始されました。同時にすれ違い走行実験も開始されました。
車両 MLX01-01系

1999年
平成11年
相対速度、(すれ違い時の走行速度)1003km/hを達成しました。

2002年
平成14年
新型試験車両の実験が開始されました。
車両 MLX01-901系

2003年
平成15年
鉄道の世界最高速度記録 581km/hを達成しました。
車両 MLX01-901系

2007年
平成19年
累計走行距離が、60万kmを突破しました。